サイト内検索

低反発マットレス

眠りを科学するフランスベッドが贈る 低反発フォームが人気の理由は?〜安眠の秘密はやっぱりマットレス〜

NASAで開発された素材が理想的な寝姿勢を保つ

低反発マットレスとは

安眠の秘密はやっぱりマットレス!
だからこそ、こだわりのポイントは、やっぱりマットレスに置くのがおすすめです。
マットレスは、肌に直接当たる表面のソフト層と荷重を分散する支持層とカラダを支えるスプリングからなっています。

なかでも、一番感触が大事なソフト層の素材で、昨今主流になって きているのが低反発フォームです。
そもそも低反発フォームとは、NASAが、ロケット発射時の衝撃から宇宙飛行士のカラダを守る為、座席の緩衝材用として開発したハイテク素材です。

その衝撃を吸収する特性を生かし、様々な分野で使われるようになりました。
カラダの重みと体温を感じてゆっくりと沈み、カラダの形に合わせてフィットし、 元に戻るのにも時間がかかるので、理想的な寝姿勢を保つことができるのが特徴です。

もっとも、ソフト層の素材は同じ低反発フォームでも、スプリングの種類で寝心地は 変わるもの。選ぶ際には、実際に横になって寝心地を体感し、自分のカラダにピタッと くるものを選びましょう。

  • 発射時の衝撃から守る為、シートの緩衝材等に使われています。

  • 身体への圧迫を和らげ、血行障害を防ぐ為、手術台に使われています。

  • シューズには、着地の衝撃和らげ、ランナーのかかとを守ります。

通気性がよくてコシが強いのがフランスベッドのマットレスの大きな特徴

フランスベッドの低反発は通気性に優れている

マットレスのスプリングをチェックする林本氏。

フランスベッドの製品は、通気性に優れているのが大きな特徴と語るのは、フランスベッド兵庫工場で技術品管係を務める林本氏です。
この高通気性を実現させているのが、他社では実現できない特殊製法技術です。

  • フランスベッドの低反発フォーム

    特殊製法により、発泡した際にできるセル膜と呼ばれるものがほとんど無く、その為高い通気性を実現しています。

  • 従来の低反発フォーム

    発泡した際にセル膜と呼ばれる物が張っていますので、通気性を阻害しています。

通常は、ウレタンを発泡させる時にセル膜と呼ばれる膜ができてしまいます。
(スポンジなどウレタンを 光に当てた時にきらきらしている所がその部分です)

このようなセル膜(上右写真)が存在していると通気性を阻害する事になり、低反発フォーム特有の”蒸れる感触”がありますが、特殊製法によりセル膜を取り除いた(上左写真)「フランスベッドの低反発マットレス」は、高い通気性を確保できているのです。

また、高品質な低反発フォームは触って確かめられます。押した後すぐに戻ってしまわず、コシの強さを維持できるのが衝撃吸収性が高い低反発フォームとなります。店頭やイベント、もしくはPRスタジオ&ショールームにてお確かめ下さい。

さらに、当社独自のコンプル仕様マットレスは、マットレス周囲を硬めのコールドフォームで包んでおり、マットレス端部の落ち込みがないため、マットレスの有効面積がとても広い、と林本氏は語ります。

林本氏の詳しいインタビュー記事はコチラ

実際に商品をさわってみてください!フランスベッド(株)のイベントはこちらからチェック!
  • フランスベッド公式ホームページ

    フランスベッド公式ホームページ

    最新インテリア情報満載。自分に合ったベッドの検索。寝装品、リビング・ダイニング家具、健康機器等の商品を紹介。海外からレアなインテリアも必見。

  • 眠りナビ

    眠りナビ

    マットレスとフレームの選び方、寝室の間取りシミュレーションをオンラインでチェックできます。眠りの豆知識も人気。

  • 最新ベッドカタログ

    最新ベッドカタログ

    インターネットで見ることができるフランスベッド最新カタログ!最新インテリアのトレンドを見れます。

このページの先頭へ

Copyright (c) FRANCEBED. All Rights Reserved.