サイト内検索

開発者の声

林本さんインタビュー フランスベッド 兵庫工場 技術品管係

まずは林本さんの所属されている部署と、簡単な業務内容をお聞かせください。

兵庫県丹波市にあります、「フランスベッド 兵庫工場」で技術品管係をしています。業務内容は大変広く、製品の品質管理業務を柱に、その他対応が特殊な特注マットレスに関する事や新規商品の「試作マットレス」の開発等多種多様に亘っています。

マットレスについて、基本的な構造(素材)とその働きを教えて下さい。

マットレスは「三層構造」と言う物が基本となっています。皆さんご存知の「スプリング」や「ウレタン類」を表面からA〜C層に分類して考える事です。一番上(表面)のA層は体に接する部分ですので、柔らかく肌に優しい事が要求されます。

その下のB層は、ある程度しっかりしたもので、この二つの層で寝た時の姿勢を正しく保つ役目をします。三番目のC層は、衝撃をふんわりと受け止めるのが役目です。この部分をスプリングが受け持ちます。つまり、軟・硬・軟の三要素をバランス良く組み合わせる事が基本となります。

最近出荷が多い製品(マットレス)の傾向というのはありますか?

「低反発ウレタン」を使用したマットレスがよく売れています。お手ごろなTHF-009MHといった製品、またコンプル仕様(後で詳しく説明します)という独自技術を併用した、ロイヤルスランバー・THC-902Z等、出荷が多いですね。

お客様の嗜好もそれぞれだと思いますが、作り手としてここ最近の流行に関して何かお気付きの点はありますか?

「最近の傾向として、硬さの好みが両極端と言う事があります。非常に「硬い」か、非常に「柔らかい」マットレスが、市場から求められるようで、新商品の開発段階で「本当にこんなに柔らかく大きく沈むマットレスで良いのだろうか?」とか、逆に「こんなに硬くては眠れないでしょう?」 と思うくらい極端な方が市場には受けるようです。、ロイヤルスランバー・THC-902Z等、出荷が多いですね。

当社の人気商品について教えていただけますか?

当工場での売れ筋と言う事に置き換えさせて頂きますが前述の、フランスベッドが初めて「低反発ウレタン」を取り入れたマットレスとして、平成11年に発売し、今もなお売れ続けているロングセラー商品 《ロイヤルスランバー(全国有名百貨店にしか置いてありません)》 が、今でもNo.1商品です。

では、フランスベッドで主流になりつつある「低反発ウレタン」について教えて下さい。普通のウレタンとどう違うのですか?

「低反発ウレタン」というのは、ロケット発射の時の宇宙飛行士を守るために開発された物です。その後、急激なショックを吸収するスポーツ製品や、体の圧迫を和らげる特性を利用し手術台等、幅広く使用されています。フランスベッドはこの特性を利用し、一般のマットレスにも使用する事で、理想的な寝姿勢を保つ事が可能となりました。

ウレタンについてですが、大きく分けると、クッション材で使用されている「軟質ウレタン」と、断熱材の用途で使用されている「硬質ウレタン」の二種類に大別されます。ご質問の「低反発ウレタン」はと言いますと、この二種類のウレタンの長所を引き出す為に、柔軟性を出す比較的分子量の大きい「軟質ウレタン」をベースに、分子量の小さい材料を混合し「硬質ウレタン」の特性を持たせた”特殊なウレタン”であり、軟質ウレタンの柔らかい特性を持つと同時に、硬質ウレタンの衝撃吸収して反発しない特性を持っているのが「低反発ウレタン」ですね。

それは、マットレスの中でどのような役割を果たしていますか?

先程お話した、身体に接する「A層」の働きに該当してきます。例えば、寝た時に腰とか背中ばかりに負担がかかる局部的な圧迫が無く、身体全体的に均等に近く支えるため、寝返りの回数が少なくなるといわれています。

当社の「低反発ウレタン」は、他の物とどこが違うのでしょう?

一番のポイントは通気性がある事ですね。通常のウレタンでは、発砲させた時に気泡ができ、セル膜と呼ばれる膜が多数できます。ウレタンをよく見てみると、キラキラ反射するものがあると思います。これがセル膜です。

この膜が通気性の邪魔をして蒸れたりするのですが、フランスベッドが使っている「低反発ウレタン」は、特殊技術でセル膜を除去する事に成功しています。これが、フランスベッドの「低反発ウレタン」マットレスの特徴です。そして感触的には、独特の戻りの遅さや、初期荷重で感じるコシの強さが大きな違いだと思います。

この「低反発ウレタン」を使い始めた時の苦労話はありますか?

まずは、この初期荷重で感じるコシの強さと戻りの速度のバランスが悪く、何度も試行錯誤してウレタンの改良に苦労しましたね。この後も、実際のマットレスにも仕上げて、バランスの確認を繰返し、今世の中に出ている商品の品質にするまでには、100本以上の試作を繰返しました。 また、「低反発ウレタン」には、暖かいと柔らかく寒いと硬くなる厄介な問題があり、季節の移り変りで、硬度の変化に悩まされました。夏場の試作ではキルティング出来たのに冬場になると目飛び、糸切れがして生産できない等、以前に試作した時には、問題なかったのに冬場になると硬くて形状が出せないとうの問題が発生したりで、とても簡単には出来上がりませんでした。

また、当社独自のものに「コンプル仕様」というものがありますが、これについて説明していただけますか?

これは、スプリングの全周を硬めのコールドフォーム(ウレタン)で補強し、横揺れや型崩れを防止し、マットレス端部の弱い部分を補うものです。特にマットレス端部は柔らかくなりますが、その落ち込みを防ぎ、寝る事ができる有効面積を広くした当社独自のマットレスです。

また、名前の由来としましてcomplementary set(補集合)を略してコンプルマット“補足して完全なる物にする”という意味を持っており、コンプルマットとは充分満足できるマットレスと言う意味であります。

最後に、お客様に対してメッセージをお願いいたします。

これからも、究極の寝心地感を求めて新たなる材料の模索や組み合わせを考え、お客様に 「フランスベッドを購入して良かった〜」 と思って頂ける様な商品を作って参りますので、今後ともフランスベッド注目して頂くようお願い申し上げます。

他のスタッフのインタビューはこちら

実際に商品をさわってみてください!フランスベッド(株)のイベントはこちらからチェック!
  • フランスベッド公式ホームページ

    フランスベッド公式ホームページ

    最新インテリア情報満載。自分に合ったベッドの検索。寝装品、リビング・ダイニング家具、健康機器等の商品を紹介。海外からレアなインテリアも必見。

  • 眠りナビ

    眠りナビ

    マットレスとフレームの選び方、寝室の間取りシミュレーションをオンラインでチェックできます。眠りの豆知識も人気。

  • 最新ベッドカタログ

    最新ベッドカタログ

    インターネットで見ることができるフランスベッド最新カタログ!最新インテリアのトレンドを見れます。

このページの先頭へ

Copyright (c) FRANCEBED. All Rights Reserved.